目の前にいるのに

こんにちは

大阪の心理セラピスト

おのたかです

 

 

雨が降ったり止んだり

天候が不安定な日々が続いていますね

 

低気圧のせいなのか

頭痛がする事もよくあります

 

焦らずに無理せずに

自分のペースで過ごす様にしています

f:id:tacapong11:20190703210114j:plain

 

今日は、あきらめる事について書きます

 

子供の時にあきらめた事はありませんか?

 

始めからあきらめている子供はいないと思います

何度かやってみて、思うような結果が得られない

そんな場合にもう無理だと思って

あきらめませんでしたか?

 

私はあきらめた人生を長い時間過ごしていました

 

何故、あきらめたかというと

両親に求めても求めても

応えてもらえなかったからです

 

子供はお腹が空いたら、

オムツが汚れたら、何かに驚いたら

泣いて自分の気持ちや欲求を表現します

 

そんな時に常に決まった養育者が

繰り返し駆け寄って不快な要因を

取り除きます。

 

養育者が頻繁に子供を抱っこして

触れ合ったり、声掛けしたりして

コミュニケーションを取る事で

子供の中に安心感が与えられます

 

愛着(アタッチメント)と呼ばれています

 

子供は産まれた時には

自分の事は何も出来ない存在です

 

自分がお腹が空いたや

オムツが汚れて気持ち悪い

それが嫌な感じをなんとかしてと

欲求を出して泣いています

 

それに応じてくれるから

不快を快に変えてもらい

次も泣いて欲求を出します

 

でも、何度泣いても応えてくれないって

子供にとって「絶望」なんです

それが続くと求める事

泣く事をしなくなるそうです

f:id:tacapong11:20190703211506j:plain

私は親に絶望していました

  • この親から大切にされていない
  • この親は私を助けてくれない
  • この親は私を見ていない
  • この親は私と気持ちはわかってくれない
  • この親は私に安全を与えてくれない

 

私はこの親に親を求める事はあきらめよう

求める事をあきらめていたら

応じてくれない絶望を感じなくていい

 

そんな感覚が子供の頃からずっとありました

 

でも、あきらめていても

問題は解決しません!

 

親以外の人間関係でもあきらめ感が

ずっとあったので人と親密にはなれません

 

どうせ、離れていく

どうせ、今だけだ

どうせ、裏切られる

どうせ、他の人の代わりだ

 

どうせ、といいながら

人と距離を取り、

求めないでいい関係でいます

 

でも、孤独感はずっとあるので

本当は人と繋がる事を望んでいるんです

 

でも、どう人と繋がっていいのか

求められてどう応えたらいいのか

わからないんです

 

だって、あきらめる事が

人との関わり方だと思っているから

 

あきらめずに求めて

応えてもらえなかったら

また絶望を感じなくてはいけない

これ以上、傷つきたくない

 

あきらめる事を止めれず

人と距離を置き

孤独でいる事を選択していました

 

 

私はリトリーブサイコセラピーに出会って

ようやくその事に気付く事が出来ました

 

親との愛着をもう一度築く事は出来ません

でも、自分で愛着を育ていく事が出来ます

 

そして、どう人と繋がりたいのかを

自分で決める事が出来ます

 

 

 

 

心理セラピーでは

そのお手伝いをしています

 

 

モニターを募集中です!

よろしくお願いします

tacapong11.hatenablog.com

 

大阪の基礎コースが始まります。

私はこのコースに行って

あきらめていた自分の人生と

向き合う事が出来ました

 

おススメのコースです!ぜひ!

www.yourexcellence.jp

 

リトリーブサイコセラピー協会の

電話カウンセリングはこちら↓ 

 

 

Twitterしています

https://twitter.com/tacapong